クレジットカードの国際ブランド「VisaとMasterCardとJCB」

クレジットカードを選ぶ際、国際ブランドをVisaかMasterCardとJCBどれにしますか?
日本国内で使えるお店が最も多いのが、JCBです。
日本のクレジットカード会社なので、当然ですが。。。
次に多いのが、Visa。そして、MasterCardの順。
ただ、都市部ではこの3ブランドなら違いを体感することはないでしょう。

海外で使えるお店が多い国際ブランドはどれ?

渡航先によって違いがでます。
アメリカであれば、Visaが有利。
ヨーロッパであれば、MasterCardが有利。
になっていると言われています。
日本人がよく観光に行く場所なら、JCBも結構使えます。

Visaはもともとアメリカの銀行「バンク・オブ・アメリカ」が発行したカードが発祥となっています。
現在では、Visaブランドとして、決済機構が独立し世界中のカード会社へライセンスを発行しています。

MasterCardもアメリカの銀行が中心として発行したカードが発祥です。
MasterCardの方は、Visaに対抗してつくられたようなところがあります。
ヨーロッパなどでの提携をVisaよりも早く行ったことでMasterCardの知名度が上がりメジャーなカードとして認識されています。

海外での利用が多い方であれば、VisaかMasterCard。
アメリカが多ければ、Visa。
ヨーロッパが多ければ、MasterCardを選択しておけば、まず間違いありませんね。
MasterCardはICチップ付きのクレジットカードを積極的に導入しています。
そのため、ヨーロッパではICチップ付きのクレジットカードでなければ利用できないことがあります。

国際ブランドのサービスの違い

一般カードでは、ほとんどないに等しい。
ゴールドカード(P-one card Premium Gold)では、国内空港のラウンジサービスが利用できるブランドとできないブランドが存在するそうです。
JCBとVisaでは、国際ブランドとして空港と契約しており、ラウンジサービスが使える。
MasterCardは、空港のラウンジサービスが使えない。
せっかくゴールドカードを持っても、空港のラウンジサービスが使えないのは、切ない気もします。
(ゴールドカードは持っていませんが・・・)

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。