クレジットカードは使うものだけに絞る!法改正や国際会計基準に変化

最近は、クレジットカードに関わる法律が相次いで改正されています。

2010年6月には、改正貸金業法が完全施行
キャッシングが年収の1/3までになり、キャッシングできるカードを作るには、年収証明書の提出が義務付けられました。

2010年12月には、改正割賦販売法が完全施行
クレジット会社は、利用者の「年収など」、「生活維持費」、「クレジット債務」に基づく「支払可能見込額」を算定して審査することを義務付け、クレジット支払いをできる範囲を超える契約を行うことを禁止。
(※生活維持費とは、法律で定められた金額です。)
割賦販売法の対象は、分割払い、リボルビング、ボーナス一括払い。
翌月の1回払いは対象外。
与信枠が、引き下げられてしまった人もいます。

これらの法改正で、利用者の与信枠に直撃。
使っていない不要なカードは解約し、メリットのあるカードだけを残しておいた方が、後々、新たに作りたいクレジットカードができたときには有利に働きそうです。

また、国際会計基準適用の動きもあり、小売店などで実施しているポイント=負債という流れになっています。
しかし、クレジットカード利用者を囲い込みたいとの思惑もあり、業者はポイントサービスの改良を進めています。
(一部、改悪も・・・)
小売店やクレジット会社は、難しい選択を迫られていますね。

ポイントサービスの改良には、
ポイントを電子マネーに交換できたり、ポイント提携先が増えて、ポイント利用できるお店が増えたり。
また、ポイント加算が増加するお店も増えている。
こういったサービスの多様化は歓迎すべき流れだが、複雑になりすぎて、わかりづらいのも正直なところですね。

複数枚のクレジットカードを絞るのは、複雑化しているポイントの流れについていけるメリットもあります。
保有するクレジットカードを絞ることで、自分が集めるポイントを集約することができますし、どんな提携先があって得な使い方を理解することにもつながります。

せっかく、お金を使うなら、お得な使い方をしましょう!
ちなみに私は、JALカードを使っています。
マイレージ集めることに集中して、目指せ!海外旅行!!です。

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。