地震保険とは

地震保険は、居住用の建物や家財が、地震、噴火、またはこれらによる津波によって損害があったときに補償される保険です。
地震保険は、住宅火災保険や住宅総合保険の特約として加入することになっています。
地震保険の対象契約は居住用建物・生活用家財に限られています。
また上限金額は、火災保険金額の30%~50%かつ建物は5000万円、家財は1000万円までの範囲内とされています。

たとえば、火災保険2000万円の契約をしていれば、地震保険の上限は1000万円までの契約となります。
1000万円の地震保険に対して、支払い基準が3段階あります。
全損:100%(1000万円)
半損:50%(500万円)
一部損:5%(50万円)
※カッコ内の金額は、この地震保険1000万円の例で支払われる金額

全損の基準のひとつは建物が3度以上傾いているかどうか?
もし、建物の基礎全体で3度以上の傾きがあれば、壁などの破損があまりなくても全損扱いなります。
なので、地震保険の契約金額は100%受け取れることになります。

阪神・淡路大震災で支払われた地震保険金額
阪神・淡路大震災以降、地震保険加入者は増加し続けており、火災保険の約半分とも言われています。
阪神・淡路大震災では、地震保険から支払われた金額は783億円(支払件数65,427件)。

東日本大震災で支払われた地震保険金額
今回の東日本大震災の被害は、阪神・淡路大震災を大きく上回ります。
4月15日時点で、地震保険からの支払い総額は1,104億円(支払件数84,033件 支払い請求38万件)、
4月20日時点で、1859億7800万円(支払件数124,734件)と日本損害保険協会が発表しています。
東日本大震災については、地域丸ごと全損扱いする地域が多く、地震によって傾いてしまった建物も広い範囲であるため、今後地震保険から支払われる金額がどれほど増えるのか。
「少なくとも4000億円、地震保険の請求が本格化してくれば1兆円規模に達する。」とも言われています。
地震保険から支払われる金額は、支払い総額によっては、国の負担が大きくなる制度になっています。

少額ですが、単独で加入できる地震保険もあります。
単独で加入できる地震保険「Rista(リスタ)」

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。