傷病手当金支給中の退職したら支給はどうなる?

写真素材 PIXTA
(c) enterFrame写真素材 PIXTA

傷病手当金支とは

病気や怪我のために仕事を休み、賃金が得られないときは、健康保険から傷病手当金というお金が支給される。
傷病手当金の支給は、休業した4日後から受けることができる。
支給期間は、最長で1年6ヵ月である。

傷病手当金の支給要件

  • 業務外の傷病のため療養中であること。
  • 労務不能の状態にあること。
  • 療養のため継続して4日以上休んでいること。
  • 休んだ日は賃金の支給はないこと。

もし、病気療養ちゅのまま退職してしまった場合でも、以下の要件にすべて該当すれば退職後も本来受けられるはずであった期間分だけ傷病手当金の支給を継続して受けることができる。

退職後も傷病手当金が支給されるための要件

  • 退職日まで継続して被保険者期間が1年間以上あること。
  • 退職前に傷病手当金を受けている。または、受けられる状態にある。
  • 退職後も療養のために働くことができず収入がない。

以上の要件に当てはまっても、障害厚生年金などを受けることになった時には、原則として傷病手当金は受けることができない。

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。