マンションの水漏れは誰の責任になるのか!?

マンションで生活している中で気になる水漏れの事故。
あなたが被害に遭うかもしれませんし、下の階に住んでいる方に被害を加えてしまうかもしれません。

水漏れの責任は誰が負うのか?

例えば、
天井から水が漏れてきて、電化製品が水浸しになり壊れてしまった場合、誰が弁償してくれることになるのでしょうか?

それは、水漏れ事故が起きた原因によって違ってきます。

  1. 共有部分に水漏れの原因がある場合は、管理組合が弁償してくれます。
  2. 専有部分に水漏れの原因がある場合は、原因となった専有部分の所有者が弁償してくれます。
    あなたの上の階に住んでいる方の専有部分が原因なら、その方が弁償することになります。
  3. 共有部分か、専有部分かわからなかった場合では、管理組合が弁償する責任を負うことになります。

特に何かしたわけでなくても、水漏れは起こりうこることなので、いつ被害者・加害者になってしまうかわかりません。
給水管の老朽化や凍結などによっていつでも起こる可能性があります。

国土交通省が発表している、快適な生活をおくるために定めるべき管理規約の標準的モデルでは、
配線配管は、共有部分であると定めています。
※給水管は、本管から各住戸メーターを含む部分、雑排水管および汚水管については配管継手および立て管

本管部分の破損による水漏れは、共有部分ということになりますが、住戸メーターの先の枝管部分が破損したことが原因の水漏れに関しては住戸の所有者が責任を負うことになります。

水漏れによって壊れた電化製品によっては、弁償金額がかなり大きな負担になる可能性もあります。
保険契約がどの範囲まで保障してくれるのか?
一度、保険契約内容を確認しておくと、安心ですね。

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。