クレジットカード保険の自動付帯と利用付帯とは

クレジットカードについている付帯保険サービスの自動付帯と利用付帯の違い。

自動付帯とは、クレジットカードを持っているだけで自動的に保険適用になります。
利用付帯とは、クレジットカードで旅行代金を支払った場合のみ適用となります。

例えば、
海外旅行は、自動付帯。
国内旅行は、利用付帯となっているクレジットカードがあります。

他にも、
死亡・後遺障害で5000万円がついている場合に
1000万円分は自動付帯、4000万円分は利用付帯というクレジットカードもあります。

自分の持っているカードはどのくらいの付帯保険がついていて、自動付帯なのか利用付帯なのか確認しておくと、旅行の際の保険料が安く抑えることができますね。

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。