世界の相続税がない国

世界には相続税がない、廃止している国が結構あります。

相続税がない国

スイス
カナダ
イタリア
オーストラリア
ニュージーランド
スウェーデン
マレーシア
タイ
シンガポール(2008年に廃止)

相続税はないとしているが、相続や譲渡、贈与として課税される国もある。(日本に比べれば課税額は少ない)

カナダでは、贈与や相続があった場合には、市場価額で資産の「みなし譲渡」があったものとして、みなし譲渡益に対して所得税が課税される。
マレーシアでは、不動産に対して不動産譲渡益税というものはある。
イタリアでは、4親等を超える第三者への相続・贈与には8%課税される。

相続税が日本よりも課税されない国はたくさんありますが、相続以前に、税金が高い国だったりします。
日本の消費税にのような付加価値税が高かったり、所得税が高かったり。
生きているときに、税金を多く納めているので相続税が必要ないという意見もあります。
また、事業を継続することが難しくなる場合がある。などの批判があったりします。

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。