イラク、スーダンの通貨の詐欺に注意!!

イラクの通貨「イラクディナール」とスーダンの通貨「スーダンポンド」を本来のレートの50倍の価値で売りつけられるという詐欺が横行しているそう。
この2通貨の詐欺による被害額は約33億円。

勧誘の内容は
例えば、
家にパンフレットが届き、勧誘業者Aから電話がかかってくる。
電話での営業トークは
「イラクディナールは数年前と比べると、暴落しており、今後アメリカ軍が撤退すれば通貨の価値は上がる。
しかも、イラクは世界第3位の産油国で信用できる。
今買えば、確実に儲かる。」
という誘い文句。
実際の為替レートの数十倍で売ると言われる。

さらに、勧誘してきた会社A社ではない、B社から電話がくる。
「A社で販売しているイラクディナール(スーダンポンド)を持っていれば売ってほしい。」
といわれる。
買えば儲かると思い込んでしまい、数十万円~数百万円を振り込んでしまう。
振り込んだあとは、どちらの会社とも連絡がとれなくなる。

他のケースでは
パンフレットが届き電話がかかってくるまでは同じようですが、
「限定で10口しか販売できない」
「法人では購入できないので、個人から買いたいという人がたくさんいる。」(意味わかりませんけどね。)
など、言われることもあるそうです。
お金を振り込んでしまったら、連絡がとれなくなる。

イラクディナールやスーダンポンドは日本では流通がほとんどされていない。
手元に残った通貨を日本円に換えようと思えば、専門の業者を見つけるしかないが、本来の価値は買いとった額よりもはるかに安い。
イラクディナールの場合、1口(2万5千デイナール)10万円で売りつけられるが、本来1750円程度の価値しかない。
25000IQD(イラクディナール)=1752.5円

スーダンポンドの場合も、同様に本来のレートの数十倍で売られる。
1円=0.03279スーダンポンド(2011年5月23日)

2010年10月には、3人が詐欺容疑で逮捕されたが、消費者センターへの相談が今も続いている。
そのため、複数の業者が存在していると考えられます。
詐欺の相談者・被害者は高齢者が多い。
もし、このような勧誘がきたら、消費者センターに相談してください。

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。