放送作家の年収・1本当たりのギャラ

放送作家の収入は一本いくらの歩合制
番組一本当たり5万円~20万円位。

ベテランで1本は、15~20万円位。
売れっ子作家は、10~12万円位。
若手は、5万円位。

放送作家の年収

全国ネットの番組を何本も抱える放送作家になれば年収は1億円以上も。
レギュラー週数本のレベルで年収1000万以上。
若手・新人は、年収100万程度。

ラジオはテレビに比べると、格段に安い。
担当した番組が、緊急特番やスポーツの延長で放送去れなかった場合、ギャラ発生しない。

放送作家の報酬基準は曖昧!?

映画『おくりびと』の脚本や、番組企画『料理の鉄人』を手掛けた小山薫堂さんは雑誌のコラムにこんな話を。

放送作家の報酬基準は曖昧。
番組プロデューサーから、企画書の作成を頼まれたとしても、その時点では、いくらもらえるなんてことはまったくわからない。
「この仕事は、いくらですか?」
なんてことを言ってしまったら、仕事がこなくなるような空気がある。
報酬が決まるのは、企画書が通って、番組がスタートして、数週間程度経ってから「ギャラは○○万円でお願いします。」となり決まる。

放送作家さんは、過酷ですね。
この不況では、若手放送作家のギャラは、叩かれそうだなぁ・・・

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。