オープン価格の謎

パンフレットを見ていて「オープン価格」って・・・
目安になる価格くらい知りたいのになぁ。。。
と思ったことありますよね。

なぜ、オープン価格と表示されているのでしょうか?

オープン価格(オープンプライス)とは、メーカー側が出荷価格を設定し、希望小売価格を具体的に定めず、販売店が自由に価格を決められるというものです。

「オープン価格」と表示する以前は「建値制度(たてねせいど)」でした。
建値制度は、メーカーがあらかじめ希望小売価格を設定し、小売店は設定された価格で販売していました。
そのため、価格競争がありませんでした。

しかし、ディスカウントストアなどの安く販売するお店が台頭してきたため、価格競争をすることになりました。
小売店が値引きした分の価格はメーカーから仕入れ数量に応じてもらえる奨励金で補てんすることができました。

こうなると、小売希望価格と実際に販売される価格に開きができてしまい「二重価格表示」の誤解を与え、「○○%引き」「○割引」は当たり前になってしまいました。
そこで、公正取引委員会によって、「15%以上の値引きが市場の 2/3以上で、20%以上の値引きが市場の 1/2以上で行われている場合は二重価格」という基準ができました。
この基準に牴触しないように「オープン価格」を適用する事が多くなりました。
パソコンなどの電化製品はすぐに値崩れしてしまうため、オープン価格表示になっています。

また、奨励金というリベートによる価格の不透明性も排除でき、消費者の不信感を払しょくするためでもあります。

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。