ウサギ年の株価と世界経済の歴史

2011年ウサギ年も半分が過ぎようとしています。
ウサギ年には、
「ジャンプして上放れる」
という相場格言があります。
格言通り、ウサギ年の日経平均株価は戦後5回のうち4回が上昇しています。
上昇の平均値は、23%。
十二支中では、3位の上昇率。

また、大統領選挙の前の年となっていて、アメリカの政策が景気や株価を上げやすい年とされています。

一方で、ウサギ年には、波乱も多い。

ウサギ年の世界経済

1963年には、ケネディ大統領の暗殺。
1987年には、ニューヨークの株価大暴落「ブラックマンデー」
日本では、円高不況で景気対策を打ちました。
1999年には、経済の新しい枠組み「ユーロ」が導入され、日本では、零金利が導入されました。
2011年の今年は、東日本大震災で日本のみならず、世界中が揺れました。

2010年の株価終値は、10238.92円。
2011年6月3日の終値は、9492.21円。ドル円は80.32円。
あと約7ヶ月で、どのようになるでしょうか。

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。