生活保護と国民年金 受給額比較

前回「生活保護と最低賃金」の記事を書きましたが、国民年金と比較するとどうでしょうか?
国民年金の未納で、年金がもらえず、無職の方も生活保護を受給できます。

例えば、
Aさんの場合
都内に住む無職でアパートに1人暮らしの65歳
国民年金がもらえず、生活保護を申請。
生活保護の受給額:月額13万3230円
※受給額は、住んでいる地域によって異なります。

さらに、医療費と介護保険料が無料となっています。

Bさんの場合
都内に住む自営業者で持ち家に1人暮らしの65歳
40年間国民年金を納付し続け、国民年金を受給しています。

国民年金の受給額:6万6008円
生活保護費の半分以下。

医療費と介護保険料は負担する義務があります。
ただし、条件さえあえば、国民年金などの合計が最低生活費に満たない分は生活保護費を支給してもらえる。

国民年金を40年間納付すると、数百万円になります。
せっかく納付しても、生活保護費の半分以下なんて払い損な気がしますね。

生活保護と国民年金の制度の違い

生活保護制度は、資産・能力等すべてを活用してもなお生活に困窮されている方に対して、困窮の程度に応じて必要な保護を行い健康で文化的な最低限度の生活を保障し、その自立を助長するもの。(厚生労働省)
税金で生活を保障。

これに対して

基礎年金は、それだけで生活を賄うというものではなく、現役時代から構築してきた生活基盤や貯蓄等と合わせて老後の自立した生活を可能とするとの考え方に立っている。
このため、年金の給付は、収入や資産に関わりなく保険料を拠出した期間に応じて給付を受けることができる。(厚生労働省)
保険料と税金で生活を補助。

受給額の違い

生活保護費は、生活者レベルで、最低限1ヵ月暮らすためにどのくらのお金が必要か積算して算出される。
対して
国民年金は、年金財政が厳しくなっているので支給額が減ってきているため、国民年金の受給額が低すぎる。


生活保護と国民年金を比較すると、ひどい気がしますが、制度がそもそも違うといいますが・・・
「生活」は生きている人間はしていくものです。
こんなに、違っていいのでしょうか?
このような現状があっては、国民年金を納付する人が減ってしまっているのは仕方がないと思えてしまいます。

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. 2011年 6月 7日