終身保険とは

終身保険とは、保険の対象となる人(被保険者)が亡くなったり、高度の障害状態になった場合に、保険金を受け取ることができる生命保険です。
簡単に言うと、「一生保障される保険」で、解約しない限り必ず死亡保険金を受け取れる生命保険です。
契約時に「保険金額」「解約時の払戻金(解約返戻金)」が約束されてます。
とても貯蓄性の高い保険になります。

良いことばかりのように感じますが、定期保険などの掛捨型の保険に比べると割高になります。
低解約返戻金タイプを選ぶと、保険料は割安になりますが、あまりオススメではありません。

解約返戻金とは

保険を解約したときに戻ってくるお金のこと。
解約払戻金、解約返換金などと呼ばれることもある。
一般的に解約までの期間が長ければ長いほど解約返戻金は高くなっていく。
支払われた保険料の一部は死亡保険金の支払いや保険会社の事業費など様々な費用に充てられるが、それ以外のお金が解約返戻金として支払われる。

どのくらい、解約返戻金が戻ってくるかと言うと
例えば、
日本興亜生命の「なっ得終身」の例
30歳の時点で契約:17,390円/毎月保険料支払い
40歳で10年分(2,086,800円支払っている状態)
この時点では解約返戻金は1,505,000円。(72.1%のお金が戻って来る)

50歳で20年分(4,173,600円支払っている状態)
解約返戻金は3,230300円(77.4%のお金が戻って来る)

払い込みが終わった60歳の時点では
解約返戻金は7,461,000円(119.1%のお金が戻って来る)

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。