2011年の世界生活費ランキング

コンサルティング会社の米マーサーが発表した2011年の世界生計費ランキング。
海外駐在員が生活するうえでかかる住居費、コーヒー、食品、衣類などの価格や交通費などについて、世界の主要214都市を比較したランキング。
ニューヨークを基準として各国の生計費を比較しているため、為替レートの変動に左右される。

2011年の世界生活費ランキング

1位:ルワンダ(アンゴラ)
2位:東京(日本)
3位:ヌジャメナ(チャド)
4位:モスクワ(ロシア)
5位:ジュネーブ(スイス)
6位:大阪(日本)
7位:チューリッヒ(スイス)
8位:シンガポール(シンガポール)
9位:香港(香港)
10位:サンパウロ(ブラジル)
11位:名古屋(日本)

1~6位までは2010年のランキングと同じとなった。
ルアンダの物価はCD1枚が米ドル換算で28ドル(約2200円)、クラブサンドイッチとソーダで約20ドル。
寝室2部屋の高級物件を家具なしで借りた場合の平均月額家賃はルアンダが7000ドル(約55万円)。

東京で同じ条件の物件は4842ドル(約38万円)
ニューヨークは4300ドル(約34万円)

最も生活費が安かったのはパキスタンのカラチ。
次に生活費が安かったのは、
中米ニカラグアの首都マナグア
南米ボリビアの政府所在地ラパ
アフリカ東部エチオピアの首都アディスアベバ
キルギスの首都ビシケク

マーサー 『2011年世界生計費調査‐都市ランキング』
マーサー 『2010年世界生計費調査‐都市ランキング』

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。