カテゴリー : 経済学

経済学『逆選抜(逆選択、逆淘汰)』保険・中古車市場

いきなり、逆選抜(逆選択、逆淘汰)ってなんだよ??
っていう感じですけど、逆選抜(逆選択、逆淘汰)って考えていけばいくほど楽しいですよ。(たぶん)
こんな考え方もあるんだね。ってくらいでちょっと経済の勉強してみませんか?

経済学でいう逆選抜は、情報の非対称性が存在する(売り手と買い手が保持している情報量に格差がある)状況において発生する現象。
で?って感じですが、

例えば、中古車市場。

売り手より買い手の方が情報が少ない例

中古車を売りたい業者(売り手)には、「優良な中古車A」と「劣悪な中古車B」の情報が多くある。
中古車Aを買いたい個人(買い手)には、車の基本情報しかない(スペックや価格など)。
情報をたくさんもっている売り手は、買い手の無知につけこむことができてしまいます。
「中古車A」を買いに来た買い手に、売り手は早く売ってしまいたい「劣悪な中古車B」をすすめる。

そういったことが繰り返されると、中古車市場には劣悪な中古車ばかりが出回ってしまいます。
買い手は、優良な中古車を選択したくても、結果としては逆の劣悪な中古車を選択してしまうことになります。
これを「隠された情報」といいます。

中古車市場に限らず、多くの場合は、買い手よりも売り手の方が情報が少ないですね。
この売り手に偏った情報を改善させるために、国や地方公共団体・消費者団体などの第三者機関の存在があります。

買い手より売り手の方が情報が少ない例

売り手ばかりが有利ではなく、逆選抜という言葉の始まりになった(らしい)保険市場。
保険市場では、売り手の保険会社より、買い手(例えばあなたや私)の方が情報を持っています。
保険会社よりも、自分の健康状態がわかっているのは当然ですよね。
保険金をもらえる確率が高い人(不健康な人)は、得しそうだから保険に加入したい。
保険金をもらえる確立が低い人(健康的な人)は、損しそうだから保険に加入したくない。

保険会社は、逆ですね。
保険金を支払う確立の高い人には、なるべく保険に加入して欲しくない。
保険金を支払う確立の低い人に、保険に加入して欲しい。
これも、ビジネスですので当然ですよね。

ただ、情報は買い手が優位な状態にありますので、保険会社は想定以上に不健康な人を保険に加入させてしまうことになります。
これにより、保険金を支払う確立の低い人に加入してもらいたいのに、保険金を支払う確立の高い人ばかり加入させてしまう選抜をしてしまう。

逆選抜を避けるために、病院で健康状態を診断してから保険に加入させたり、健康にリスクのない生活を送っているか?というチェックはしていますが、完璧じゃないですよね。

なので、保険会社は対策として
企業などの団体に対して保険への加入してもらったり、自ら保険を勧誘に行き、逆選抜になる確立を低くしたりしています。
(自分から保険に加入しに来る人は、逆選抜になってしまう可能性が高い)

経済の勉強「大江麻理子のモヤモヤとーく」

経済の勉強として、日経ヴェリタス「大江麻理子のモヤモヤとーく」が面白いです。
テレビ東京の大江麻理子アナウンサーが、日経ヴェリタス編集部に質問をぶつけ、スッキリ解決!っていうポッドキャスト番組です。
Podcastで音声が配信されていますので、通勤時間などの移動時間にiPodやiPhoneで聴いてはみてはどうでしょうか?
経済の勉強になります。
きっと「そうなんだ」がたくさんありますよ。

「大江麻理子のモヤモヤとーく」は本にもなっています。

本「大江麻理子のモヤモヤとーく」

本「大江麻理子のモヤモヤとーく」

ツイッターやフェースブックで1.9兆円の損失の可能性

英国の人材サイト「マイジョブグループ」によると、
ツィッターなどのソーシャルメディアサイトは英経済に1.9兆円の悪影響を与えたとの調査結果を出した。

理由は、
全労働人口の約6%に相当する人が、仕事中に1日当たり1時間以上をツィッターなどのソーシャルメディアサイトで費やしている。
そのため、多くの企業の生産性の低下している可能性があるということ。

フェースブックやツイッターなどによる労働時間の喪失は、英国経済に最大140億ポンド(約1.9兆円)の悪影響を与えているとしている。

確かに、その通りのような気もしますね。
日本でmixiが爆発的に拡がったときにも、同じようなことが起きていそうですね。
日本でもツイッターが経済に悪影響を及ぼしている可能性はありますね。

不倫慰謝料を計算してくれるサイト

不倫慰謝料を計算してくれるサイトがありました。ww

以下、6項目を選択していくだけで慰謝料がはじき出されます。

  1. 不倫の交際期間
  2. 請求される側の年収
  3. 肉体関係の回数
  4. 離婚の有無
  5. 有責配偶者の浮気相手への虚偽について
  6. 夫婦関係について

有責配偶者とは、自ら離婚原因を作って婚姻関係を破綻させた者のこと。

こちらからどうぞ。
不倫慰謝料の計算

ちょっと試してみました。
年収が100万円未満の人と、年収が2000万円以上の人の請求される金額を比べると5倍もの差が・・・
年収が多い人の方が請求される金額が大きいんですね~

有責配偶者の浮気相手への虚偽についての項目では、
「交際後、既婚と知りすぐに別れた」場合、慰謝料は0円になります。

夫婦関係についての項目では、「問題ない」場合と、別居5年以上では別居5年以上の方が10倍多く慰謝料が発生するようです。

どこまで信用できるものなのかは定かではありませんが、参考になるかもしれませんよ。
ちなみに、私は不倫したことがありません。
できないだけ??
そのとおりです!!

有給休暇を使い切る国ランキング!日本は??

前回の有給休暇についての記事に引き続き、有給休暇は使われているのか?という記事。
案の定、みなさんの想像通りの結果ですが、参考までに。

ロイターと調査会社イプソスが有給休暇を使い切る労働者の割合を国別で調査した結果。
調査は24カ国の約1万2500人を対象に実施したとのことです。

調査会社の副社長によると

  • 所得の高低に関わらず世界の労働者の約3分の2が有給休暇を使い切っている。
  • 年齢別では50歳以下の若い人の方が有給を使い切る人が多い。
  • 経営幹部クラスでは60%が使い切っていなかった。

国別の有給休暇を使い切る労働者の割合

1 フランス 89%
2 アルゼンチン 80%
3 ハンガリー 78%
4 英国 77%
5 スペイン 77%
6 サウジアラビア 76%
7 ドイツ 75%
8 ベルギー 74%
9 トルコ 74%
10 インドネシア 70%
11 メキシコ 67%
12 ロシア 67%
13 イタリア 66%
14 ポーランド 66%
15 中国 65%
16 スウェーデン 63%
17 ブラジル 59%
18 インド 59%
19 カナダ 58%
20 米国 57%
21 韓国 53%
22 オーストラリア 47%
23 南アフリカ 47%
24 日本 33%

まぁ、やっぱりというか日本は最下位でしたね。
24カ国24位。
しかも、23位の南アフリカが47%で24位の日本が33%。
ダントツでワースト1位!!

南アフリカが約半分の人が有給を使いきっているのに対して、日本は3分の1。

日本人働きすぎ!!
精神的に追い詰められてしまう人が増えて精神科の需要が高まってしまうんですね。
でも、ここまで働くからこそ先進国で戦っていけるのですね!

オランダと日本の働き方の違い!

オランダでは、働き方を選べるシステムが発達しているようです。
失業率が高止まりしている日本も、学べるところがありそうです。

週休3日、4日のパートタイムも普通。
警官の2/3がパートタイム。学校の先生も、パートタイムで1週間2交代で担任をするそうです。

1980年代には12%以上あった失業率が、2009年には失業率が2%ほどのようです。
時給は雇用形態によって左右されない仕組みで、フルタイム・パートタイム・派遣の違いは、働く時間数だけ!
けど、派遣切りもあるそうで、日本とあまり変わらない!?

オランダは仕事を見つけるのは『派遣業者の仕事』!
そして、失業保険などのセーフティーネットも充実していて、失業保険は収入の70%
(日本は年齢などによって上限があります。だいたい2/3程度。)
失業保険の期間も最低3年間保障されるといいます。
日本は最低3ヶ月の失業保険を受給。多くの場合は、待機期間も3ヶ月あります。

オランダのワークシェアリング(YouTube)