カテゴリー : 保険

保険と宝くじは同じ仕組み・相互扶助の精神

保険は宝くじと同じ仕組みになっています。

宝くじは、みんなが購入したお金を集めて当選者支払う仕組みです。
保険もこの仕組みと同じです。

保険の加入者から毎月保険料という名目で集めたお金は病気やけがなどで亡くなった人の遺族に対して保険金を支払うためのものです。

保険の始まりは、明治維新の時に福沢諭吉が海外から「お互いがお互いを助け合う」という保険制度を日本国内に紹介したものだと言われています。
相互扶助の精神ですね。

万が一の不慮の事故が起こったとき、みんなでその人や家族を支えましょう!ということです。

保険は「加入する」といいますが、相互扶助に参加するという意味もあります。

登山・山菜取りで遭難したときの捜索費用と山岳保険

登山する人が増え続けています。
そして、山の事故は年々増え続けています。
山菜取りに出掛けた高齢者が遭難するというケースも毎年のように起こっています。

もし、山で遭難してしまったら、救助・捜索にどのくらいの費用がかかり、誰が負担するのでしょうか?

遭難してしまったら、上空や地上から捜索・救助が行われることもあります。
その場合、ヘリコプターや警察・消防・登山家などが参加して捜索が行われます。

ヘリコプターや警察や登山家にかかる費用は、どこから捻出されているのでしょうか?
公的機関のヘリが出動した場合はヘリの費用は税金で賄われます。
民間ヘリだとかかった費用は、遭難者に請求されます。

公的機関のヘリは、数が少なく稼働できない場合も少なくないため、運がよければ捜索費がかからないこともあるでしょう。

これと、同じで警察官などの公務員は、税金です。

どのくらいの金額がかかるのだろうか?

全国で捜索費用はばらつきがありますが、
民間の捜索隊は1人1日3万円(夏)冬は1人1日5万円になります。
ほかにも、保険料、交通費、装備、食料費、宿泊費などもかかります。
ヘリコプターは1時間出動すると、50万円~60万円。
日本山岳協会によると、民間ヘリの平均費用は「稼働1分あたり1万円」。
1時間で、見つかる可能性は低いので、数百万円はあっという間です。

破産しかねない金額がかかってしまいます。

捜索を要請しにいって、「そんなにお金がかかるならいいです。」というケースもあるそうです。
スキー場で韓国人で遭難したことがあり、捜索費用200万円ほどのの支払いを拒否されたケースもあります。

そんなことにならないように、山岳保険という保険があります。
山岳保険は、本格的な登山をする人向けの保険や軽登山者向けの保険など様々です。
保険会社も、山岳保険を充実させてくれています。
アウトドアブランド「モンベル」もオンライン上で山岳保険を販売しています。
登山ツアーなどでは、山岳保険に加入が義務付けられているものも増えているそうです。

もしものときのために自分に合った保険に加入して、安心して登山に挑みましょう!

モンベル 山岳保険
日本費用補償少額短期保険


ちなみに、もし遭難してしまったら、山の頂上を目指しましょう!
山の上に向かえば、捜索範囲が狭くなり見つけてもらいやすくなります。
また、山の上に行けば自分がどのへんにいるのか認識しやすくなります。

北海道医療健康保険組合とは 2010年10月に設立

北海道医療健康保険組合というものが今年2010年10月1日に設立されます。
私の家族が、医療関係の仕事をしていて、知ったのですが「協会けんぽ」から「健康保険組合」に移行するということです。

北海道医療健保組合、60事業所で10月1日設立

道病院協会(徳田禎久理事長)は、21年度通常総会を20日に札幌市で開催、20年10月から準備を進めてきた「北海道医療健康保険組合」を10月1日(予定)に設立することを明らかにした。設立時の構成員は設立趣旨に賛同し、厚生労働省が行う事前審査に資料等を提出した60事業所・約1万1,840人になる見通しだ。(北海道医療新聞)

北海道医療健康保険組合に移行すると少し保険料が下がるみたいです。

保険料率は、以下のようになるようです。

協会けんぽの保険料率(北海道 平成22年度)

平成22年

被保険者負担 保険料率
(労働者負担分)

事業主負担 保険料率

健康保険料率

47.1/1000 47.1/1000

介護保険料率

7.5/1000

7.5/1000

1ヶ月の健康・介護保険料の合計

54.6/1000

54.6/1000

北海道医療健康保険組合の保険料率(組合設立後)

平成22年

被保険者負担 保険料率
(労働者負担分)

事業主負担 保険料率

健康保険料率

46/1000 46/1000

介護保険料率

6.5/1000

6.5/1000

1ヶ月の健康・介護保険料の合計

52.5/1000

52.5/1000

1ヶ月数百円程度ですが、年間5000円程度、健康保険料が安くなりようです。
北海道は協会けんぽの健康・介護保険料率の合計がもともと高かったこともありますが、一番安い長野の53.8/1000に比べても安くなります。

他にも、組合独自の付加給付も財政状況をみて検討していくとされています。

健康保険とは

健康保険は、民間企業に働く75歳以下(寝たきり等の方は65歳以下)の人が収入に応じて保険料を出し合い、事業所も保険料を負担して、働く人やその家族に必要な医療や各種手当金などを給付して生活の安定を図るための公的制度です。
民間企業で働く人が加入する健康保険には全国健康保険協会が運営し、各都道府県で保険料率が異なる「協会けんぽ」と、大企業や同業の企業などが集まって独自で運営を行う「健康保険組合」があります。

傷病手当金支給中の退職したら支給はどうなる?

写真素材 PIXTA
(c) enterFrame写真素材 PIXTA

傷病手当金支とは

病気や怪我のために仕事を休み、賃金が得られないときは、健康保険から傷病手当金というお金が支給される。
傷病手当金の支給は、休業した4日後から受けることができる。
支給期間は、最長で1年6ヵ月である。

傷病手当金の支給要件

  • 業務外の傷病のため療養中であること。
  • 労務不能の状態にあること。
  • 療養のため継続して4日以上休んでいること。
  • 休んだ日は賃金の支給はないこと。

もし、病気療養ちゅのまま退職してしまった場合でも、以下の要件にすべて該当すれば退職後も本来受けられるはずであった期間分だけ傷病手当金の支給を継続して受けることができる。

退職後も傷病手当金が支給されるための要件

  • 退職日まで継続して被保険者期間が1年間以上あること。
  • 退職前に傷病手当金を受けている。または、受けられる状態にある。
  • 退職後も療養のために働くことができず収入がない。

以上の要件に当てはまっても、障害厚生年金などを受けることになった時には、原則として傷病手当金は受けることができない。

日本は世界一の生命保険大国

日本は生命保険大国ともいわれるほど、生命保険好きな人種のようです。
2009年の生命保険文化センターの調査によると、日本の2人以上の世帯の90.3%が生命保険に加入しているそうです。
これは世界第1位の生命保険加入率!!
さらに、スイス再保険によると生命保険料収入は1位のアメリカに次ぎ、世界第2位に日本はいます。

しかし、「なぜ、生命保険に加入しているのですか?」と聞いても、
「みんな入っているから」
「死んだときにお金がもらえるから」
くらいの認識しかない人も多いようです。

自分から保険に加入する人も多くないという現実もあります。
日本人は、「付き合い」で保険に加入している場合や、セールスがしつこいから。
という受動的な理由が多いようです。
欧米では、能動的に加入する人がほとんどのようで、保険加入者やその家族のための保険商品をオーダーメイドで組むなど、真剣に考えられています。
保険の営業マンは、弁護士や医師と同じくらい重要な職業と認識されているようです。

保険は、人生で家の次に高価な買い物と言われるくらいのお金がかかる商品です。
平成21年の調査では、保険料を1世帯あたり平均45.4万円(年間)支払っているだそうです。
仮に、1年間45.4万円を30年間支払ったとすると、1362万円です。

保険についての知識をつけて、無駄な保険料をカットして生活を楽にしましょ~!

働く『国民年金・厚生年金・共済年金ってどんなもの?』

年金は、長生きしてしまったときの保険。
思いのほか長生きしたけど、収入がない!
という人たちのためにみんなでお金を出し合っています。

「年金」は、20歳以上60歳未満の全国民に加入義務があります。
保険料は、「保険料=保険料水準×改定率」で「国民年金」の場合、2010年は月額15100円です。
加入者が年老いた場合や病気や事故で障害が残った場合、一家の働き手が亡くなった場合などに保険給付(年金)を行い、加入者や遺族の生活を維持・安定させるための制度です。

「厚生年金」は、国民年金に上乗せ分が加わった公的年金が「厚生年金保険」や「共済年金」で民間企業の会社員や公務員などがこの保険の対象となります。
会社員は、厚生年金保険と国民年金。
公務員は、共済年金と国民年金。
2つの公的年金に同時加入することになります。

パート・アルバイトでも正社員と比較して、労働時間・労働日数が4分の3以上であれば原則として加入資格があります。

国民年金保険料の計算方法

保険料=保険料水準×改定率

国民年金保険料推移
計画の
月額保険水準
実際の
月額保険金額
実際の
引き上げ幅
平成17年度
2005年
1万3580円 1万3580円 280円
平成18年度
2006年
1万3860円 1万3860円 280円
平成19年度
2007年
1万4140円 1万4100円 240円
平成20年度
2008年
1万4420円 1万4410円 310円
平成21年度
2009年
1万4700円 1万4660円 250円
平成22年度
2010年
1万4980円 1万5100円 440円

毎年、国民年金保険料は高くなっている。

詳しくは市区町村・社会保険事務所へ。

働く『雇用保険は何に使える?』

雇用保険は、労働保険のひとつで、失業したときなどに労働者の生活や雇用を安定させるための保険です。
保険料は、会社と労働者の両方で負担します。

この保険に加入していると、何になるのかというと、
一定の条件を満たしていれば、「失業給付金」がもらえます。
他にも、「仕事を継続することが難しくなったとき(例えば、育児休暇・介護休業を取得する時)」の給付があります。

パート・アルバイトでも、一週間の労働時間が20時間以上で31日以上継続して働くことが見込まれる場合、雇用保険に加入できます。
この条件は、2010年4月に改定されました。
以前は、「6ヶ月以上継続して働くことが見込まれる場合」でした。
新たに255万人が対象になったそうです。
対象者が増えたので、保険料率も上がりました。

一般の事業所:今までは11/1000だったのが、15.5/1000となりました。
被保険者(労働者側)は4/1000→6/1000です。
2010年4月に改定については、厚生労働省

私個人の思いですが、保険と考えると、大した額ではないです。
(私の場合、数千円でしたしね。。。ましてや給付受けましたし。)

失業給付はいくらもらえるのか?
基本的に、退職前6カ月間の平均賃金の50~80%が90日~330日間支払われます。
平均賃金は、退職前6カ月の合計賃金÷180日で求めることができます。ちなみに、計算の基となる合計賃金には、通勤代と残業代も含まれます。

失業給付をもらえる条件
失業する直前の2年間に合計12カ月以上雇用保険に加入していることですが、倒産や解雇の場合には、1年間に合計6カ月以上雇用保険に加入していれば失業給付をもらうことができます。しかし、会社を辞めれば誰でももらえるわけではありません。再就職への意思と能力があることが前提となります。

また、私も以前お世話になりましたが、
雇用能力開発機構で、勉強しながら失業給付を受け取ることができます。
学科によって作業着などのお金がかかる場合がありますが、授業料は無料です。
他にも、同じ条件で専門学校などが開催している職業訓練を受講しながら失業給付を受け取ることができます。

この場合、当初の失業給付支給期間が終わっていても職業訓練の終了まで失業給付を受け取ることができます。
(職業訓練開始時、失業給付支給期間が1日でも残っていれば、職業訓練終了まで受け取れます。)

何はともあれ、何かあったときの保険です。
加入することができるなら、加入しておいたほうが助かることがあるかもしれませんね。

働く『労災保険とは』

労災保険(労働者災害補償保険)は、業務中・通勤時にケガなどをした場合に保険の給付を行うものです。
治療費や、休業・障害・死亡などを保険から給付されます。
社会復帰の促進、遺族の援護など、労働者の生活環境の安定を目的とする保険です。
パート・アルバイトでも、会社と雇用関係にあれば全員に適用されます。

保険料は、会社側が全額負担します。
保険料=賃金総額×保険料率
事業の種類により保険料率は変わります。(0.3%~10.3%)
事業所での事故率により保険料率が増減するメリット制。2年に1度改定されます。

保険給付には、
1. 療養補償給付
2. 休業補償給付
3. 障害補償給付
4. 遺族補償給付
5. 葬祭料
6. 傷病補償年金
7. 介護補償給付
がある。(名称は業務災害に関する保険給付)
通勤災害は、各名称から補償を除いた保険給付となります。。
補償内容は変わりません。

特別支給金として保険給付に付加して支給される給金もあります。
・ 傷病特別支給金
・ 傷病特別年金
・ 障害特別支給金
・ 障害特別年金
・ 遺族特別支給金
・ 遺族特別年金 など
があります。

詳しくは労働基準監督署へ。
各都道府県の労働基準監督署所在地はこちらから調べることができます。
厚生労働省:全国労働基準監督署の所在案内

また、詳しいQ&Aもありました。
労災保険情報センター