カテゴリー : データ・推移

新聞の販売・勧誘でトラブル 年間約1万件の相談

国民生活センターによると、

新聞の訪問販売に関する相談については、この10年間、毎年1万件前後の消費者苦情がよせられている。
契約者の平均年齢は年々高くなっており、中でも、高齢の契約者については、長期間の契約に関わる苦情が多数よせられている。
契約者が購読期間中に入院などの理由で新聞の解約を申し出たところ、中途解約を認めず、高額な解約料や景品代を請求するなど、高齢者の長期契約に関わるトラブルが問題化している。
また、高齢者に関わるトラブルを中心に、契約時に法律で定められる範囲を超える景品を提供され、契約者が解約を申し入れると、景品を買って返すように求められたというトラブルも多くみられる。
この他にも、販売員による強引な勧誘やうその説明を聞いて契約してしまったというトラブルが後を絶たない。

新聞の訪問販売に関する相談件数と契約者の平均年齢
新聞の訪問販売に関する相談件数と契約者の平均年齢(2013年7月31日現在)
(2013年7月31日現在)

いつでも解約できる。
となっていたので契約して、いざ解約を申し入れると高額な解約料を請求されるケースなどもあるようです。

私も10年以上前、一人暮らしを始めた時期には、新聞の勧誘がしつこくて困った経験があります。
今となっては、新聞好きなんですが、このようなトラブルが多くなっているのは残念です。

国会議員 自粛ムード一変の海外視察。メスは入るのか?

今年は衆院議員だけで約100人が参加するという海外視察。

近年の衆院議員の海外視察した人数推移は

  • 2008年:72人
  • 2009年:2人
  • 2010年:72人
  • 2011年:55人
  • 2012年:3人
  • 2013年:約100人

今年は、一気に増えました。

海外視察に使われる税金

衆院議員だけで議員1人あたり170万円を上限に公費から支払われ、今年度約4億5000万円の予算が計上されている。
衆参両院の各委員会が行う海外視察では、年間6億円の公費が使われ、衆議院では1人あたりの上限が170万円、参議院では上限が決められていない。
自民党は、この海外視察にメスを入れるいうが、どうなるでしょうね・・・

海外視察の報告書(レポート)はどこで読めるのか?

この海外視察の報告書は、海外視察報告書は衆議院国際部で閲覧できる。
そこまでいかなきゃ見られないのです。

海外視察をしっかりしたなら、報告書はWEBサイトなどでも公開して誰でも見られるようにするべきですよね。
ウィキペディアをコピーしただけの報告書なんてありましたが、そういうのを防ぐ意味でも、公開してくれればいいのに。

国民健康保険料 高い自治体トップ10

国民健康保険の保険料が高い自治体トップ10(2010年度)

  1. 北海道 宗谷管内猿払村:14万1650円
  2. 北海道 根室管内羅臼町:12万9927円
  3. 秋田県 大潟村 : 12万7645円
  4. 北海道 宗谷管内利尻町:12万4209円
  5. 北海道 空知管内長沼町:11万8188円
  6. 東京都千代田区 : 11万5724円
  7. 北海道 根室管内標津町:11万3151円
  8. 北海道 日高管内えりも町:11万3052円
  9. 北海道 空知管内何幌町:11万2914円
  10. 北海道 根室管内別海町:11万2667円

(金額は1人当たりの年間保険料)

もっとも国民健康保険料が安いのは沖縄県粟国村で3万1242円。

北海道新聞2013年6月11日朝刊掲載
政府の社会保障制度改革国民会議は10日、市町村が運営し自営業者らが加入する国民健康保険について、1人当たりの年間保険料が高い全国10自治体に宗谷管内猿払村など道内の8町村が入ることを明らかにした。道内は高齢化が進んでいる上に冬場に高齢者の入院が長引きがちで医療費がかさむため、道外よりも保険料が高くなる傾向があるという。

国保の被保険者が保険料として納付すべき調定額(2010年度、介護納付金分を含まない)を保険者(市町村)別に比較した。猿払村は14万1650円と全国で最も高く、最低額の沖縄県粟国村(3万1242円)の4・5倍だった。全国平均は8万1021円。

保険料が高い上位10自治体の大半を北海道が占めたことについて、国民会議事務局は「北海道は冬の気候が厳しく通院が不便な地域が多いため、高齢者らの入院期間は長くなる傾向がある。保険料が高くなる要因の一つと考えられる」と分析する。

国民会議は、国保財政を立て直すため、運営主体を広域化して都道府県単位に再編する方針で一致している。

国保の財源は、半分が国や都道府県の公費、残り半分が保険料収入でまかなわれる。しかし、医療費の増加に保険料の引き上げが追いつかない市町村も目立つ。また、保険料収納率も低下傾向にあり、ここ数年は90%を割り込んでいる。保険料収入の不足による赤字を穴埋めするため、各市町村が一般会計から投じる税金は、年約3500億円まで膨張している。
厚生労働省は、国保財政の安定化のため、06年、一定額を超える医療費を同一都道府県内の市町村が共同で負担する制度を導入。15年度以降はすべての医療費に拡大されることになっており、財政面での都道府県化は進んでいる。
(2013年5月21日 読売新聞)

【競馬の所得】ハズレ馬券は経費か否か?

大阪国税局は元会社員男性(39)が、2007~2009年までの3年間に約5億7000万円を脱税したとして、所得税法違反に問い無申告加算税を含む約6億9000万円を追徴課税したうえで告発した事件の判決が23日出た。

この男性は過去のデータから統計的に勝ち馬を予想するソフトを自作し、最初は100万円からスタートした自己資金を回転させ続け、最終的に1億4000万円もの利益を得ていた。
競馬券購入(ハズレ馬券含む)は合計で28億7000万円。
配当金は30億1000万円。
儲けは1億4000万円だった。

儲け1億4000万円に対しての課税かと思いきや、配当金30億1000万円が課税対象として大阪国税局は約5億7000万円の所得税額を算定した。
無申告加算税を含めると約6億9000万円になったという。

keiba01

裁判では、このハズレ馬券が経費となるのかならないのか?
に注目が集まっていた。

裁判の結果は、
最大の争点だった外れ馬券の購入費について 「必要経費にあたる」と 元会社員側の主張を認める一方で「申告義務があることは認識していた」として 元会社員に 懲役2ヶ月 執行猶予2年(求刑懲役1年)を言い渡した。

西田裁判長は
「一般的には競馬は、趣味、娯楽であり馬券購入費は楽しみ賃で経費に含まれない」と位置付けた。
その上で 元会社員の馬券購入は「継続的 反復的で ほぼ全レースにわたっており 利益を得るための資産運用としてみることができる」と述べ 元会社員の利益は雑所得にあたるとした。

普通は、一時所得だからハズレ馬券は経費としてみとめられない。
が、この男性は営利目的で持続的行為から生じた所得として投資とみなし、雑所得とされた。

だが、この男性は特殊な例で、
もし、一般人が一発の万馬券大当たりを決めても、課税対象となる。
経費は、もちろん当たり馬券の分だけで・・・
所得は、当たった金額で・・・
それまでその年にいくらマイナスであろうとも、経費として認められない。
ということ。

実は競馬って夢がないですよね。
馬はカワイイのですけどね・・・
(馬券の25%もテラ銭でうち10%は国庫納付金[税金])

この男性、この儲けシステムを売りにだせば、かなり高額な買い手が現れそうですよね。

GDP新基準 3.1%~3.4%押し上げ。けど中身は変わらない。

現在、世界の国々で国内総生産(GDP)の計算方法が変更されている。
これは、国連が1993年に定めた基準を2008年に見直し、加盟国に修正を促しているため。
日本は2016年に新基準を適用する。

この新基準では、今までGDPに計上されていなかった研究開発費が計上されるようになる。
日本は、研究開発費の計上によって、名目GDPは3.1%~3.4%押し上げられる。金額にして約15兆円程度。

研究開発費以外にも認定範囲が拡げられている。
すでに新基準を適用しているオーストラリアとカナダは軍事兵器を加えている。
今年7月から新基準を適用するアメリカは映画などの娯楽作品を取り込むという。

———–

見た目上は日本のGDPは押し上げられ良くなったように見えるが、中身は何も変わらない。
良くなったように見える分、財政再建が遅れないか心配。

———–

ちなみに、米商務省経済分析局(BEA)の予備的な推計によると、2007年(新方式の基準年)のGDPは新基準適用で以下の分が押し上げられるとしている。
(GDPにして3%程度だそう。)

  • 研究開発費:3000億ドル
  • 映画などの娯楽分野:700億ドル
  • 年金会計:300億ドル
  • 住宅の印紙税や弁護士費用など:600億ドル

米国GDPの測定方法改訂へ、3%の押し上げ効果(Financial Times)

などがあるそうですよ。

欧州の年金受給者は2050年までに2人で1人支える予想。日本は!?

ロイター通信によると
<blockquote>欧州連合(EU)27カ国では現在、年金受給者1人当たりを平均4人の生産年齢層で支えている。国連やEUの予想では、2050年までには現役世代2人で高齢者1人を支える構図になる。

ポルトガルの場合

ポルトガルの出生率は1980年代前半以降、人口を維持するために必要とされる2.1を下回っている。昨年の出生率は1.32で、新生児数は過去100年以上で最低水準となる9万人にとどまった。
2050年までにポルトガルは、人口の40%が60歳以上になると予想されている。現在の24%から大幅に増え、EU加盟国で60歳以上人口が最も多い国になる。
さらにポルトガルでは、毎年人口の約1%に相当する10万─12万人が、より高収入な仕事を求めて海外に移住する。労働者人口の減少で税収は減り、社会保障制度にはさらに負担がのしかかる。

ラトビアの場合

2014年のユーロ圏加盟を目指すラトビアは、現役世代の負担がさらに重い社会が待ち構える。2060年までには、現役世代4人で65歳以上3人を支えなくてはならないという。海外移住や低い出生率により、ラトビアの人口は2000年からの約10年間で14%(34万人)も減少。国家にとって深刻な問題となっている。
2000年以降のラトビアの人口減少の3分の2は、海外移住組によるもの。人口流出が止まらないことは、経済的側面だけでなく心理面に大きな影響を及ぼすことも見逃せない。ラトビアの出生率は現在、世界最低水準である1.1にまで下がっている。

焦点:ユーロ圏危機後の欧州を待ち構える「高齢化危機」 | ロイター通信

で、日本はというと・・・
1965年に現役世代9人で1人の高齢者を支えていたのが、今では、現役世代3人で1人の高齢者を支えている。
このままでは、2050年には1人で1人を支える社会になるとの予想されている。
日本の出生率は
平成23年の合計特殊出生率(1人の女性が生涯に出産する子供数の推計値)は1・39。
出生数は前年比2万606人減の105万698人と過去最少。
(厚労省)

欧州は厳しい状況になってきたとはいえ、日本はそれを上回る少子高齢化。
恐ろしいですね。
今の子供たちはどうなってしまうんでしょうね。
心配です。

中国 主要都市 土地取引量と価格推移(2010~2012)

中国 100都市 土地平均価格

中国 主要都市 土地取引量(万m2)

2010年(月平均):1,201
2011年(月平均):1,046
2012年(月平均):1,424
2012年(11月):1,919
(中国指数研究院)

今年初めくらいのMBSのエマトピでやっていました。
ブログの記事にしようとしていて忘れていました。
何かの役に立つかもしれないのでメモとしてアップしました。

家計の金融資産【2012年末】

2012年末時点で1547兆円(前年比3.1%増)
暦年ベースで過去3番目の大きさ。
過去最高は2006年末の1586兆円。
伸び率は2005年の6.8%増以来の高水準。

要因は、株式や投資信託、外貨預金などの残高増加。
株高、円安で評価額が改善したため。

家計の金融資産内訳

  • 投資信託は61兆円(前年比13.3%増)
  • 株式・出資金は106兆円(前年比12.3%増)
  • 外貨預金、外貨建て投資信託・株式などは36.4兆円(前年比13.8%増)
  • 現金・預金残高は854兆円(前年比2%増)

投資信託では新たに買い増したのは微増、株式では減少している。
やはり評価額の改善が要因。
外貨建て資産に関しても、1年間にドル円で10%近く円安に動いたことが大きく影響している。
現金預金残高は、家計記入資産全体の55.2%を占めている。
そして、1997年12月末以降の過去最高を更新した。

2013年現在も、円安・株高が進行しているので、2012年末よりも家計の資産は増えてそうですね。

【2013】ビックマック指数とスターバックス指数

イギリスの経済誌「エコノミスト」がマクドナルドのハンバーガーの価格やスターバックスのトールラテの価格を国別に毎年追跡しているビックマック指数とスターバックス指数(トールラテ指数)。
購買力平価、為替レートのいわば『妥当な水準』を割り出す指数として発表している。

2013年の数字は以下。

ビックマック指数 2013

国別ビッグマック価格

  1. ベネズエラ:9.08ドル
  2. ノルウェー:7.84ドル
  3. スウェーデン:7.62ドル
  4. スイス:7.12ドル
  5. ブラジル:5.64ドル
  6. ウルグアイ:5.64ドル
  7. カナダ:5.39ドル
  8. デンマーク:5.18ドル
  9. オーストラリア:4.90ドル
  10. ユーロ圏:4.88ドル
  11. コロンビア:4.85ドル
  12. トルコ:4.78ドル
  13. コスタリカ:4.39ドル
  14. アメリカ:4.37ドル
  15. イギリス:4.25ドル

ちなみに、日本は24位で3.51ドル
アメリカの4.37ドルに対して3.51ドル。
ビックマックが日本円で320円だとすると、1ドル73円程度が適正ということになっちゃいますね。
現在の日本円は25%以上も円安気味ということになります。
現実は、そんな単純なものではないのですが・・・

2012年は
世界のビッグマック価格ランキング
http://ecodb.net/ranking/bigmac_index.html

かなり価格に変動がありますね。

一方、スターバックス指数は

スターバックス指数(トールラテ指数)2013年

  1. オスロ:9.83ドル
  2. ストックホルム:7.4ドル
  3. モスクワ:7.27ドル
  4. チューリッヒ:7.12ドル
  5. ヘルシンキ:6.38ドル
  6. アテネ:5.84ドル
  7. ブリュッセル:5.65ドル
  8. フランクフルト:5.53ドル
  9. パリ:5.18ドル
  10. シドニー:4.82ドル
  11. 北京:4.81ドル
  12. マドリード:4.65ドル
  13. ソウル:4.54ドル
  14. ウェリントン:4.51ドル
  15. 東京:4.49ドル
  16. ダブリン:4.38ドル
  17. ニューヨーク:4.3ドル
  18. サンポウロ:4.23ドル
  19. ブエノスアイレス:4.18ドル
  20. トロント:4.08ドル
  21. リスボン:4.05ドル
  22. イスタンブール:3.92ドル
  23. 香港:3.87ドル
  24. アトランタ:3.83ドル
  25. ロンドン:3.81ドル
  26. デトロイト:3.55ドル
  27. サンフランシスコ:3.55ドル
  28. メキシコ:3.22ドル
  29. ニューデリー:2.8ドル

1つの為替の参考データとして、覚えておくとよいかもですね。

アメリカの農地価格は値上がり傾向

アメリカの農地価格推移

アメリカでは、干ばつなどの異常気象があっても農地価格は値上がりし続けているそうです。
背景に穀物価格の上昇やFRBの金融緩和で資金が農地に流入していることなどがあるようです。
また、海外からの資金流入もあるとみられています。
(アメリカでは外国人による農地の売買には安全保障上の問題を除いて、厳しい規制はありません。)
農地の価格が上昇することで農家の経営は安定していきます。
しかし、農家経営が安定すれば、無理に穀物の増産などは望めなくなります。
すでに2012年の異常気象や世界的な食糧需要の高まりによって食糧価格の上昇が見込まれています。

世界的に食糧価格が上昇していくであろう中、日本円はついに1ドル95円に突入しました。
円安によって食糧の輸入はさらに、値上がりしてしまいます。
4月から輸入小麦の政府売渡価格が平均9.7%値上がり、食用油やガソリン、電気料金など値上げが相次いでいきます。
去年もこのくらいの時期に「値上がり相次ぐ」的なニュースよくやっていましたね。
今年はさらに、復興税やら住民税、年金に、生命保険料(予定利率の改訂で2013年4月から値上がり)や地震保険料、自動車の自賠責保険などの値上げも相次ぎますね。
異常気象なんかで、さらにいろいろなモノの値上がりもありえそうなので、ある程度ムードに流されずに生きたいですね。

なんやかんやで話がすごく逸れてしまいましたが。。。
今日はこの辺で。