自転車の事故と保険

自転車の事故が増えているそうです。

歩行者と自転車の事故で歩行者が死亡させてしまい、民事訴訟で賠償金5400万円。
また、自転車の事故で歩行者を骨折させてしまい、長期入院を余議なくさせたなどの理由で賠償金600万円。
というケースがあるそうです。
年配の歩行者とスピードを出している自転車の衝突事故が多いみたいです。

しかし、歩行者と自転車の事故で、加害者側が保険に未加入だったため、被害者側が勝訴しても賠償を受けられないケースがあるようです。
自転車の事故だから、それほど大きなものにならないような印象がありますが、被害者を骨折や死に至らしめてしまう場合もあります。

自転車の保険は、単体で保険会社から販売されていましたが、
人度が低く、加入者が少ないため自転車の保険単体では保険会社で販売を中止しているようです。
しかし、自動車保険や火災保険の特約でつけることができます。
保険金額1億円の契約でも年間保険料は2,000円程度だそうです。

また、TSマークというのもあります。
TSマークは、自転車安全整備士が自転車を点検、整備してもらい、自転車の安全が確認されると貼ってもらえるマークです。(1年間有効)
自転車にTSマークのシールが貼られ、傷害保険及び個人賠償責任保険が付加されるというものです。

傷害保険・個人賠償責任保険とは

傷害保険と個人賠償責任保険
傷害保険 自分のケガの補償
個人賠償責任保険 相手のケガや、他人の財物に損害を与えた場合の補償

TSマークには、2種類あり、傷害保険個人賠償責任保険の内容が違います。

第1種TSマーク

傷害保険 損害賠償保険
入院加療15日以上
[一律]1万円
死亡または重度障害
(1~7級)
[限度額]2000万円
死亡または重度障害
(1~4級)
[一律]30万円

第2種TSマーク

傷害保険 損害賠償保険
入院加療15日以上
[一律]10万円
死亡または重度障害
(1~7級)
[限度額]2000万円
死亡または重度障害
(1~4級)
[一律]100万円

TSマークを取得するための料金は、
新車は500円~
今使っている自転車でも、部品の交換がなければ1,000円~2,000円程度で取得できます。

自転車を使う機会の多い方は、自転車の保険を考えてみるのもよいかもしれませんね。

ミクロ経済学「プライス・テイカー(価格受容者)」

完全競争市場では、それぞれの参加者(売り手・買い手)は、自らの行動が市場に影響を与えることができません。
そのため、自分で取引価格を決めることができないので、市場が決めた価格で取引することになります。
市場で決められた価格を受け入れて行動する参加者のことをプライス・テイカー(価格受容者)といいます。

なぜ、価格を受け入れることになってしまうのでしょうか?
例えば、欲しいスニーカーがあるとします。

例えば、企業がプライス・テイカーになる場合

お店Aでは1万円、お店B・C・Dでは9千円でスニーカーが売っていれば、お店B・C・Dのいずれかで購入しますよね。
そうなると、お店Aはお店B・C・Dの価格に合わせないと商品が売れません。
1店舗だけ、高い価格で販売してもお客さん(消費者)が来てくれないですよね。
結局、自分で価格が決められず、市場の価格に合わせることになりお店A(企業)はプライス・テイカーとなります。

例えば、消費者がプライス・テイカーになる場合

消費者も同じで、みんなが9千円で買っているスニーカーを消費者Aだけ5千円で購入することができませんね。
相場よりも安く買いたくて、お店に交渉しても9千円で買ってくれるお客さんが大勢いるならわざわざ消費者Aにだけ5千円で販売する必要がないですね。
結局、消費者Aも9千円で買うしかなく、プライス・テイカーとなります。

完全競争市場では、企業も消費者もプライス・テイカーとなります。

ミクロ経済学「完全競争市場」

完全競争市場の条件

  1. 売り手・買い手が多数
  2. 取引される財が同質
  3. 売り手・買い手ともに財に関する情報をもつこと
  4. 市場への参入・撤退が自由

この4つの条件を満たしている市場を「完全競争市場」といいます。

完全競争市場では、個々の売り手・買い手は市場で決まる価格に対しての影響力がなく、自ら価格を決定することができません。
プライス・テイカー(価格受容者)という立場にあります。

ミクロ経済学「弾力性」

弾力性とは、市場の状態の変化に対して売り手や買い手がどれくらい反応するかを測る尺度です。
「需要の価格弾力性」とか「投資の利子率弾力性」という使われ方をします。
いきなり弾力性言われても・・・
って感じですね。

とりあえず「弾力性」という言葉だけを考えてみると、
「弾力性がある」というのは、「大きくなったり小さくなったりする」ということ。
反対に「弾力性がない」というのは「大きさが変わらない」ということ。
「弾力性がないひも」は「伸びたり縮んだりしない」ですね。

弾力性とは、何かが変動したときにもう一方が変動するその比率のことです。

需要の価格弾力性とは

ある商品の価格が上昇したときに、需要がどれだけ減少するか?
ある商品の価格が下落したときに、需要がどれだけ増加するか?
を示します。

需要の価格弾力性=需要量の変化(%)÷価格の変化(%)

で求めることができます。

弾力性の絶対値が1を越えると弾力的、1を下回ると非弾力的といいます。

弾力性が高い商品は、贅沢品。
弾力性が低い商品は、生活必需品です。

贅沢品は、価格が高くて買えないと思えば、欲しいけど買わない人もいます。
価格が下がってくれば、「この価格なら買おう!」という人が増えてくるので、弾力性が高くなりやすいです。

生活必需品は、価格が高くても買わなくてはいけないものなので、価格が高くても買わざる得ません。
なので、価格が高くても需要はあまり減りません。
逆に価格が下がっても、必要な分あれば良いので、需要があまり増えません。
なので、弾力性が低くなります。

ミクロ経済学「限界」

経済学では「限界」という概念があります。
正直、わかりづらいです。
「限界費用」、「限界効用」、「限界生産力」など経済学を勉強していくと多く登場します。

経済学でいう限界とは、「何かを追加的に1単位変化させた時に、それがどうなるか?」ということを意味しています。
1単位というのは、特に決まっていません。
1個かもしれませんし、100人かもしれません。
そのときに応じて考えやすい単にをひとまとめにして「1単位」と言っているだけです。

『労働の限界生産力』の場合、「労働力を1単位(例えば10人)、追加的に増やした時に、生産量がどのくらい増えるか?」ということです。
生産量が1000個増えたら、『労働の限界生産力』は1000個ということになります。

『限界費用』の場合は、「弁当屋さんで次の日からスタミナ弁当を追加的に1単位(例えば10個)増やして生産する。」
3000円多く生産費がかかったとします。
その時の『限界費用』は3000円ということです。

労働の限界生産力では、労働力を1単位増やしたとき、増えた生産量が『限界生産力』。
限界費用では、1単位増やしたとき、増えた生産費が『限界費用』です。

ようするに、
「今を基準にして、どう変化するのか?」
という点に注目してみよう!ってことです。

どうして、「限界」とかいっちゃうんでしょうか?
普段使う言葉の「限界」と意味が違いすぎて、馴染めないですね。
marginalの訳語で「限界」と言っているだけです。
marginalは「境界」とも訳せます。
「境界」と考えると、わかりやすくなるかもしれません。
何の境界かというと、「今の状態」と「1単位変化したときの状態」の境界です。

経済学基礎「市場」

経済学でいう市場とは、単に魚市場や株式市場のような具体的な場所をだけでなく、取引すべてを市場といいます。
インターネットのオークションやショッピングモールも市場です。

買いたい人と売りたい人が集まるところが、市場です。

市場は3つの種類に分けられます。

市場の種類

  1. 生産物市場・・・企業と家計が生産物を取引する市場(財市場とも言います。)
  2. 労働市場・・・企業が生産要素として労働サービスを購入する市場
  3. 資本市場・・・企業が生産要素として資金を調達する市場(資産市場、貨幣市場とも言います。)

これは、単に取引をカテゴリーごとにわけているだけにすぎません。
なので、タクシーに乗って、目的の場所までついて料金を払うといったことだけで、「生産物市場で取引された。」ということになる。って話です。

それぞれの市場を簡単に説明すると、

生産物市場は、財やサービスが取引される市場です。
財とは、携帯電話や本、食べ物など「形のあるもの」のことです。
サービスとは、マッサージやタクシー、引っ越しなど「誰かに何かをしてもらう」ことです。
普段の生活で一番身近にある市場が生産物市場ですね。

労働市場は、家計が労働力を売り、企業が労働力を買うという取引をする市場です。
ハローワークは、働きたい人と雇いたい人が集まっています。
求人誌では、雇いたい人が働いてくれる人を募集していますね。
労働市場という具体的な場所はありませんが、こんな感じってくらいでイメージしてください。

資本市場は、お金の取引がされる市場です。
例えば、家を建てるときに銀行でお金を借りると利子がつきます。
企業も、必要な資金を借りて利子を支払います。
出資してくれた投資家にも、事業がうまくいったら配当したりします。
資本市場は、このようなお金の取引がされる市場です。

ミクロ経済学「家計と企業」

経済学には、「家計」と「企業」と「政府」が登場します。

家計とは、一般消費者や個人のことです。
家計は、企業が売っている商品を購入して生活しますね。
また、家計は、企業で働くので「労働者」にもなります。
さらに、家計は、銀行に貯金します。
金融機関は、家計から預かっている貯金を企業に貸し出します。
間接的に、資金提供者にもなります。
家計は、企業に直接投資したりもします。

企業は、金融機関から借りたお金を、労働者を雇ったり、商品を作るための仕入れや、設備投資、生産、販売して利益を上げます。

家計は、企業から商品を購入したり、労働力や資金を提供します。
企業は、家計から労働力やお金を借りて、事業をし、利益を上げます。

家計と企業はもちつもたれつの相互依存の関係で成り立っていると考えられますね。

消えた高齢者問題で年金不正受給・年金搾取続出

消えた高齢者が続々と見つかる中、9月現在で350人にのぼります。
今もまだ調査中で、これからもっと本当は亡くなっている高齢者が発見されることが予想されます。

消えた高齢者が見つかり、それと同時に不正受給事件の発覚が相次いでいます。
その中には、実際は亡くなっているのに、「年金をもらえなくなると困る。」という理由で死亡届が出されないことも多いようです。


「111歳」事件 容疑者「年金ないと生活に支障」供述(朝日新聞 2010年8月30日)
 東京都足立区の戸籍上111歳の加藤宗現(そうげん)さんの白骨遺体が見つかり、妻の遺族共済年金が詐取された事件で、逮捕された長女真子(みちこ)容疑者(81)らが警視庁の調べに「もらっていた(加藤さんの妻の)年金が(妻の死亡で)なくなると生活に支障が出るので、(加藤さん名義で)遺族共済年金を申請した」と供述していることが関係者への取材でわかった。同庁は、年金収入に頼って暮らしていた家族が、より高額な年金に切り替えたとみて調べている。
 加藤さんには、70歳になった1969年8月から老齢福祉年金が支給されていた。2004年8月に加藤さんの妻が死亡したのを受け、妻が加入していた公立学校共済組合の遺族共済年金に切り替えられた。年間の支給額は老齢福祉年金は40万円前後だったが、遺族共済年金では約160万円に増えたという。
(asahi.com参照)


いわきの「102歳」白骨遺体:遺族厚生年金を支給 受取人調査へ /福島(毎日新聞 2010年9月1日)
◇定額給付金も
 いわき市平下荒川の市営住宅で、生きていれば102歳の女性とみられる白骨遺体が見つかった事件で、女性に対して8月13日、遺族厚生年金が支払われていたことが分かった。また、09年4月には、国の経済対策として国民に給付された定額給付金2万円も支払われていた。厚生労働省や同市は誰が受け取ったかなどを調査し、不正が認められれば返還を求める方針だ。
 この事件では、女性と同居していた五女(70)が、同市から女性に贈られた100歳の敬老祝い金30万円を詐取したとして詐欺容疑で逮捕され、その後任意で取り調べを受けている。「(女性は)96年ごろに亡くなった」と話しており、いわき中央署も年金などに不正受給がなかったか調べている。
(毎日.jp参照)


長女「父の年金引き出した」 和泉・「91歳」遺体事件(朝日新聞 2010年9月2日)
 大阪府和泉市の民家の洋服ダンスから、生存していれば91歳の無職宮田浅吉さんとみられる遺体が見つかった事件で、同居する長女(58)が大阪府警に対し「父の口座に振り込まれる厚生年金を定期的に引き出して生活していた」と説明していることが、府警への取材で分かった。府警は長女が年金を詐取した疑いがあるとみて捜査する。
 捜査関係者らによると、宮田さんの厚生年金は最近では今年8月15日に支給されていた。宮田さんの厚生年金は2カ月に1回約30万円ずつ、年間計約180万円の受給があったという。
 年金の不正受給を詐欺罪で立件するには年金事務所に、実際は受給者が死亡しているのに「元気です」と虚偽申告するなどの、だます行為があったとの立証が必要とされる。


岸和田83歳遺体、三男を聴取…「母の年金で生活」(読売新聞 2010年9月5日)
4年前に死亡

 大阪府岸和田市の民家で住人の無職清井トシ子さん(83)とみられる白骨遺体が見つかった事件で、岸和田署は4日、所在不明になっていた同居の三男(52)を同市内で発見した。三男は同署の事情聴取に「(母は)4年前の春頃に亡くなったが、それ以降も母の年金で生活し、パチンコ代にも使った。不正受給だと分かっていた」と説明。同署は詐欺容疑で捜査を進める。

 同署によると、三男は「母は2005年頃に寝たきりになり、4年前、突然いびきをかき始め動かなくなった。遺体は放置した。反省している」と話しているという。

 清井さん名義の口座には2か月に1回、老齢年金など計約20万円が振り込まれる一方、口座にはほとんど残金はなく、同署は、三男の不正受給額は数百万円に上ると見ている。


所在不明の母の年金、20年超受給 岡山市の息子(山陽新聞 2010年9月5日)
 岡山市が所在不明として住民基本台帳から削除した100歳以上の高齢者3人のうち、108歳女性(北区)の息子(80)=北区=が4日までに、山陽新聞社の取材に対し、「25年前に母親が行方不明になり、その後、20年以上にわたって母親の年金を受け取っていた」と明らかにした。

 息子によると、年金は「月額で5万~5万5千円ぐらい」が母親の金融機関口座に振り込まれていたが、「周囲の指摘を受け、3年ほど前に社会保険事務所へ年金証書を返納した」という。証言通りなら行方不明後に受け取った年金総額は1300万円前後になる。


年金を納めている私からすると、憤りを覚えてしまう事件もあります。

しかし、年金依存の生活から抜け出せない。
年金に頼らないで生きていきたいと思っても、雇用情勢は厳しく、簡単に仕事を見つけられない。
どうしたらいいのかと悩んだ末に…というケースもあるようですね。

遺族共済年金とは

遺族共済年金とは

共済年金に加入している公務員が亡くなった場合退職共済年金を受けている人が死亡した場合などに、遺族に支払われる年金です。
遺族基礎年金に上乗せして支給されます。
遺族共済年金には共済独自の職域加算額が加算されます。
共済年金は公務員が加入する年金です。

遺族共済年金の受給条件

受けられる条件などは遺族厚生年金と同じです。

  1. 共済年金に加入している間に死亡した時や病気やケガで初診より5年以内に死亡した場合
  2. 1級障害、2級生涯厚生年金を受けている人が死んだ場合
  3. 3級の障害年金を受けている人が、3級の同一病名で死亡した場合
  4. 老齢共済年金を受けている人や受給資格のある人が死亡した場合

遺族共済年金支給額目安

退職年金を受給している者が死亡した場合
退職年金の額×概ね6割程度

特例による退職共済年金(部分支給)を受給している者が死亡した場合
退職共済年金の額×3/4

特例による退職共済年金(全額支給)を受給している者が死亡した場合
退職共済年金の額×概ね6割程度

65歳からの退職共済年金を受給している者が死亡した場合
退職共済年金の額×3/4


保険の基本「遺族年金」

ミクロ経済学とは

ミクロ経済学経済主体の最小単位と定義する家計(消費者)、企業(生産者)、それらが経済的な取引を行う市場をその分析対象とし、世の中に存在する希少な資源の配分について研究する経済学の研究領域であり、最小単位の経済主体の行動を扱うためミクロ経済学と呼ばれます。

ミクロは、非常に小さいこと。微視的であること。
ミクロ経済学は個々の家計や企業(あるいは産業)のレベルで考える学問です。
モノの価格がどう決まるかを説明するのが基本となります。

家計や企業などを小さく分けて考えていき、経済を分析していきます。
家計は一般消費者や個人のことです。

マクロ経済学と分析の対象が異なりますが、お互いに密接に関連しています。