タグ : 保険の雑学

海外旅行中の治療費を健康保険から還付。海外療養費支給制度

海外療養費支給制度というものをご存じでしょうか?

海外療養費支給制度とは

国民健康保険または社会保険等の被保険者が海外渡航中に病気やけがで止むを得ず治療を受けた場合、その医療費は帰国後、申請することによって海外療養費として給付を受けることができます。(但し、治療目的の渡航による医療費は給付の対象外となります。)

海外旅行でなんらかの治療を受けたら、健康保険からお金を戻してくれる。

しかし、海外で健康保険証が使えるわけではないので、いったん旅行者が全額支払わなければいけません。

海外療養費支給制度でどのくらいお金が戻ってくるのか?

海外で支払った医療費全額が戻ってくるというわけではありません。
日本国内での負担(原則3割)で、7割が還付されます。
7割が戻ってくるといっても、海外で支払った医療費金額の7割ではありません。

支給額は、日本国内で同等程度の治療をした場合にかかる費用を「基準額」として、この基準額をもとに算出されます。

たとえば、
海外旅行先で100万円の治療費がかかったとします。
日本国内で治療した場合かかる費用は50万円であると算出されました。(これが基準額)
3割負担であれば、
50万円-(50万円×0.3)=35万円
となり、
35万円が還付されます。

100万円-35万円=65万円

65万円が自己負担となってしまいます。

なので、別途、特別補償制度や海外旅行傷害保険、クレジットカードの付帯保険などの加入や確認などをしておくと安心ですね。
海外旅行傷害保険に加入すると提携病院であれば、現金がなくても治療を受けられるというものもあります。

海外療養費支給制度の注意

海外療養費支給制度を利用できるのは、1年以内の海外渡航者で、かつ海外へ転出届を出していない人です。
請求権は2年以内。(医療費を実際に支払った日の翌日から起算)
2年を過ぎると、時効となります。

支給対象は日本国内で保険が適用される医療行為のみです。
性転換手術、人工授精などの不妊治療、美容整形手術、歯科矯正などは支給対象外です。

また、救援者費用、賠償責任、死亡補償などは支給対象外です。

海外療養費支給制度の申請に必要な書類

現地の病院で発行する「診療内容証明書」
支払った医療費の内訳がわかる「領収明細書」
外国語で記載されていた場合は、日本語訳を添付しなくてはいけません。
日本語訳をした人の住所・氏名も記載しなくてはいけません。

自賠責保険が値上げ。自賠責保険料推移

すべての自動車とバイクの保有者に加入が義務付けられている自賠責保険が値上げされる。
自賠責保険料は、2008年4月から保険料されていました。
金融庁は、交通事故に伴う保険金の支払いが増え、収支が悪化しているため、2011年4月から約12%、2013年度からは、さらに約15%値上げする。

自賠責保険料の推移

2002年度 2万7630円
2005年度 2万9780円
2006年度 3万680円
2007年度 3万830円
2008年度 2万2470円
2011年度 2万5100円(見込み額)
2013年度 2万8900円(見込み額)
※自家用乗用車2年契約(沖縄・離島除く)

高齢者の事故の割合が増えている地域が多いようです。
高齢者が交通事故をすると、大けがになりやすく後遺症も残りやすい。
自動車はお金がかかりますね。

車の事故で信号を壊したら・・・

車の事故で信号機などを壊してしまったら、弁償することになります。
弁償する金額は、道路を管理している国や県などから高額な請求がきます。

信号機の場合、弁償額は、約355万円(工賃含む)の請求額がくるそうです。
ポールだけでも、60万~70万円程度が請求されます。

道路標識の青い看板も、約345万円(工賃含む)の請求額。
また、一般道路のガードレールは1本2m程度で7万円(工賃含む)の請求額。
高速道路のガードレールは、強度が強くつくられていたりしているため、もっと高額になるそうです。

他に、高額な弁償額になるのは、光ケーブル埋め込みタイプの電柱。
1000万円~らしいですよ。

壊した場所などの状況によっては、もっと高額な請求になる場合があるそうです。

実際は、対物保険にはいっていれば、保険会社が支払ってくれるので恐怖におびえながら運転しなくても大丈夫!
逆選択になっちゃう?)

こういうことを考えると、やっぱ対物保険は無制限で入っておいたほうがよいかも。

保険で支払われるけど、車も修理など手間はかかるし、車の価値が激減です。
怪我もしてしまうかもしれません。
やっぱり安全運転しましょう!
ちょっとメモでした。

2010年10月からの値上げと値下げ まとめ

本日10月1日から、タバコの値上げが大きく取り上げられています。
タバコだけではなく、厚生年金保険や自動車保険、傷害保険も値上げされました。
しかし、電力やガスは値下げの動きもあります。

値上げした商品

タバコの増税は1箱(20本)70円増税され、290円のタバコは410円になりました。

傷害保険料や自動車保険料が値上げ。
東京海上日動火災保険や損害保険ジャパンなどの大手損害保険会社は、傷害保険料を10%ほど引き上げました。(一部商品除く)
自動車保険は、三井住友海上火災保険が1%ほど引き上げました。

厚生年金も保険料率が引き上げられ、労使折半15.704%だったものが、16.058%となりました。
例えば、月収30万円のサラリーマンの場合、年間6400円程度の負担増です。(月額531円)

最低賃金は全国平均で17円増え、時給730円になりました。

値上げばかりではなく値下げもあります。

電力は、東京と北海道は値下げ。
(中部電力、中国電力など4社は3~6円値上げしました。関西電力は据え置き。)

ガスは西部ガスなど4社が値下げ。

これは、天然ガスや石油の輸入価格は下がったものの、石炭価格が上昇したためです。
電力会社ごとに、使っている燃料の構成比の違いが料金の差になっています。

11月は、円高の影響で天然ガスと石油の輸入価格が下がり、10社とも料金を値下げします。

本日からの、値上げと値下げでは、インパクトは値上げの方が大きいですね。
家計の負担は増える一方。しかし平均給与が昨年に比べて23万7000円減少しています。
さらに、大きな悪循環に入っているようにも感じます。

もし自動車の保険更新を忘れたら・・・

最近危なくやってしまうところだったのですが、自動車の保険更新を忘れていました。
ギリギリで更新手続きができましたが、もし忘れたまま遅れてしまったら・・・

自動車保険の継続手続きが期限内に行われなかったらどうなるのでしょう。

それまでの等級割引がなくなり、リセットされてしまいます。
それまで、せっかく無事故で自動車保険を使っていなくても、また、一からやり直しになってしまいます。

まだ、5年間ほどですが、
これまで順調に自動車保険の等級が上がってきたのが、無駄になってしまうところでした。
付き合いのある保険屋さんだったので、連絡欲しかったなぁ~とわがままながら思ってしまいました。
私も保険屋さんもうっかりさんなのです。
危なかった~