タグ : 危険な投資

厚生年金基金はこんなに大変。でも公的資金で救済は・・・

サラリーマンが将来受け取る年金は、国民年金と厚生年金の2階建てになっています。
いずれも国が運用の責任を持っています。
中小企業の大部分は基金をつくり、厚生年金の一部を国に代わって運用しています。
基金を解散する時は、国に代わって運用していた「代行部分」を国に返済する必要があります。
しかし、この代行部分にまで運用損失を膨らませ元本を割り込み、解散しても国に代行部分を返済できない基金多く存在します。

例えば、兵庫県乗用自動車厚年基金の場合
1970年に設立したが、年金受給者の増加と年金運用がうまくいかず、給付に必要な積立金不足が拡大。
2006年1月に解散した。

兵庫県乗用自動車厚年基金の代行部分は137億円。
純資産は66億円。
解散しても、71億円国への返済が足りなかった。
この71億円は、加入する50社が受給者数などに応じて分担することになった。
19社は計22億円を一括納付した。

しかし、31社は10年分納とした。
分納を選んだ会社は、返済中に倒産すると、分納を選んだ他の会社が倒産企業の借金を負担することと決めた。

兵庫県乗用自動車厚年基金に加入していた50社中15社が営業停止しました。

神戸市の垂水タクシーは、兵庫県乗用自動車厚年基金に加入していた。
解散の際には、分納とした。
これまで割り振られた分の基金の借金は1億5600万円。
年間2000万円ほど返済し続け、これまでに9300万円を返済した。
返済額は残り6300万円になっていたが、倒産企業がでて、その分の返済額を負担することとなってしまった。
倒産企業の負担額は3億7800万円あり、垂水タクシーの返済額は4億4200万円と膨らんでしまったそうです。

垂水タクシーは、貧乏くじをひいた格好になりました。

ここまで損失拡大する前に基金を解散できれば、、、
運用益拡大を狙って、代行部分に手を出さなければ、、、
基金が資金運用という賭けに負けた結果、代行部分の返済に分納を選んだ企業が泥沼化してしまいました。
AIJの巨額損失はこれどころではないので、このような企業が多くでてしまうでしょうね。

AIJの巨額損失に関して公的資金で救済!という声も上がっています。
全国石油商業組合連合会は
「年金消失問題の損失分は、公的資金によって救済すべき。制度に無理がある。」
と訴えています。

全国石油商業組合連合会の中でAIJに運用委託していた基金は
東京都石油業年金基金:50億7000万円
北海道石油業厚生年金基金:38億5000万円
長野山梨石油年金基金:20億円
(3月1日現在 厚労省部会提出分)
など。

AIJのうたっていた高い利回りが現実のものになっていれば、よかったのですが。
利益出たら、老後安心。損失が出たら税金で救済。
はないですよね。

国は税金で基金を救済することに慎重姿勢です。

制度に無理があるなら自重すべきだったのです。
代行部分は使わない選択もできるのです。
ある意味、レバレッジきかせて投資していて
資金がマイナスになるリスクを承知の上で投資していたのですから、自分たちで責任をとるしかないと思います。

厚生年金基金には、天下り官僚も多くいたといいます。
(北海道石油業厚生年金基金もそのひとつで、北海道社会保険事務局からOBが一人天下っていた。)
「投資の素人を高い給料で雇って、投資に失敗したから税金使って助けろ!」
は通りませんよね。

垂水タクシーさんの場合は、
お金を預けていただけで、かわいそうだ。
救済してあげても・・・
という気持ちになりますが。。。
もっと早い段階で基金から脱退という選択肢もあったわけです。
運用がうまくいく方に賭けて負けたんです。
返済をしてもらうしかないですよ・・・

【動画解説】日本の財政大丈夫?日本の借金とハイパーインフレ

日本の借金問題についての話。
たまたま見つけたので、埋め込みアップです。

日本の財政は大丈夫?

20120301 日本の財政大丈夫?ハイパーインフレ(モーニングバード そもそも総研 動画)

そもそも総研 動画の内容

そもそも日本破綻、最悪のシナリオ、ハイパーインフレはなぜ起きる?がテーマ。
ハイパーインフレについての第二弾。
もしも日本でハイパーインフレが起こるとしたら、どういうシナリオで起こるのか。
まずは2001年に財政破綻したアルゼンチンでは、2002年のインフレ率が41%、失業率が21%だった。その後社会秩序が崩壊し、略奪、デモ、暴動が起きる事態となった。それから10年たって、現在でもインフレ率は11%あると政府は発表しているが、IMFは実質25%くらいではないかと疑っている。
しかしアルゼンチンと日本は違うという人もいるが、もしハイパーインフレが日本で起こるとしたら、どういうシナリオで起こるかを考える。現状で財政は借金が莫大にある状態だ。各国の純債務残高を比べるとギリシャと変わらないくらいになる。
同志社大学大学院の浜矩子教授や証券会社エコノミストの白川浩道氏に話を聞く。

ちょっと不安煽りすぎな感はありますが、わかりやすいですね。

イラク、スーダンの通貨の詐欺に注意!!

イラクの通貨「イラクディナール」とスーダンの通貨「スーダンポンド」を本来のレートの50倍の価値で売りつけられるという詐欺が横行しているそう。
この2通貨の詐欺による被害額は約33億円。

勧誘の内容は
例えば、
家にパンフレットが届き、勧誘業者Aから電話がかかってくる。
電話での営業トークは
「イラクディナールは数年前と比べると、暴落しており、今後アメリカ軍が撤退すれば通貨の価値は上がる。
しかも、イラクは世界第3位の産油国で信用できる。
今買えば、確実に儲かる。」
という誘い文句。
実際の為替レートの数十倍で売ると言われる。

さらに、勧誘してきた会社A社ではない、B社から電話がくる。
「A社で販売しているイラクディナール(スーダンポンド)を持っていれば売ってほしい。」
といわれる。
買えば儲かると思い込んでしまい、数十万円~数百万円を振り込んでしまう。
振り込んだあとは、どちらの会社とも連絡がとれなくなる。

他のケースでは
パンフレットが届き電話がかかってくるまでは同じようですが、
「限定で10口しか販売できない」
「法人では購入できないので、個人から買いたいという人がたくさんいる。」(意味わかりませんけどね。)
など、言われることもあるそうです。
お金を振り込んでしまったら、連絡がとれなくなる。

イラクディナールやスーダンポンドは日本では流通がほとんどされていない。
手元に残った通貨を日本円に換えようと思えば、専門の業者を見つけるしかないが、本来の価値は買いとった額よりもはるかに安い。
イラクディナールの場合、1口(2万5千デイナール)10万円で売りつけられるが、本来1750円程度の価値しかない。
25000IQD(イラクディナール)=1752.5円

スーダンポンドの場合も、同様に本来のレートの数十倍で売られる。
1円=0.03279スーダンポンド(2011年5月23日)

2010年10月には、3人が詐欺容疑で逮捕されたが、消費者センターへの相談が今も続いている。
そのため、複数の業者が存在していると考えられます。
詐欺の相談者・被害者は高齢者が多い。
もし、このような勧誘がきたら、消費者センターに相談してください。

エステ・美容医療でトラブルが増えています。

先日、「ラ・パルレ倒産」で思い出しましたが、
エステ・美容医療でトラブルが増えていること知っていますでしょうか?

エステ・美容医療の勧誘や強引に高額な契約を結ばせるという話は、ときどき聞きます。
「体験コースなどで来るお客さんに、多少無理してでも高額な本コースの契約をさせようとする。」
どこの会社というわけでなく、エステ・美容医療の業界では、昔も今も変わらず続いているようです。
(すべてのエステ関連の会社がそうだとは思いませんが。)

美容医療に関して消費者センターへ相談件数は年々増加傾向にあります。
2005年度:432件
2008年度:641件
2009年度:746件
女性の場合は脱毛や脂肪吸引、シミ取り
男性は包茎手術の相談が多くよせられているそうです。
年齢層は全体の66.8%が20~30歳代の若年層。
強引な勧誘によるトラブルが全体の過半数を占めています。
不適切広告をめぐる相談も2割ののぼるようです。

なんの契約でも、契約内容をしっかり確認しましょう。
あとでトラブルになった時に。言った言わないにならないよう、録音しておくと安心できますね。
録音しなくても、ノートに確認事項を書いておくなど、備えをしておきましょう。

ちなみに、私も以前大手エステ会社の長いお話に付き合わされた経験があります。
大手でも、こんなに強引に売り込んでくるのか。
驚いたことがあります。
以来エステ業界には近づかないようにしています。

為替を見守るだけの簡単なお仕事です。

Twitterでのこんなつぶやきが。
気持ちわかります。

★財務大臣募集中!
【仕事内容】為替を見守るだけの簡単なお仕事です。
※ただし、緊急の場合は”細心の注意と重大な関心を持って”見守る必要があります。

本当にこんな求人があったら、応募殺到しそうですね。
ドルが95年6月以来の84円割れと急激な円高で為替取引をしている人は、政府の無策に憤りを感じての皮肉でしょう。

今日の緊急会見で野田財務相は
「足元の為替の動きは明らかに一方向に偏っている。重大な関心を持ち、極めて注意深く見守っていく。」
というアクションの伴わない発言。
これで円高をけん制して効果があるのは、政治家が信用されていたときのお話だと思います。
何か具体的な対策がなくては、失望をさそうだけになってしまいます。

日銀は、まだ動いてくれないのでしょうか?
為替介入と金融緩和措置は両方に疑問の声もあるものの、このまま何もしないよりは間違いなく良い。

ネットで個人間融資「maneo」は危険?

2009年に時々テレビでみかけた「個人間融資maneo(マネオ)」。
最近どうなっているんだろう。と思いちょっと調べてみた。

maneo(マネオ)

maneoがどんなサービスか簡単に説明すると

借り手は「希望金額」や「希望金利」「借入目的」などを公開してオークション形式で、貸し手からの入札を待つ。
貸し手は自分の条件に合ったオークションに応札し、借り手の設定した希望金額が全て集まればオークション成立。
借り手と貸し手の仲介にmaneoが入り、お互いの個人情報は知られずに済む。
資金の回収はmaneoがしてくれるが、延滞やデフォルトした場合、貸し手は何もすることができない。

上の動画のような「保育園の移転費用を準備するため」など、本当に必要な融資もあるようです。

他に「融資が必要な理由」は、どんなものがあるだろうか?
・家電購入費用
・車・バイクの購入資金
・子供のインターナショナルスクール入学費
など
価値観の違いかもしれませんが、個人的にびっくりするものが多かった。

はたして、融資したお金はきちんと回収できるのでしょうか?
当然、借り手側の返済できなくなれば、貸したお金が回収できないリスクもあります。
で、調べてみたのですが、maneoで、回収率や延滞率が公開されていない。。。
貸し手側は回収率は考えないで、お金を貸しているということ??
投資というか賭けに近いような・・・

不思議な気もしますが、それでもローンが成立しています。
2010年6月現在、これまでのローン成立額は2億2千万円ほど。

一応maneo側で、借り手側の審査をしている。
借り手の参加条件は
・年収は300万円以上
・金融機関からの借入額が年収の1/3、もしくは150万円を超えないこと。
※住宅ローン・物品購入ローンは除く
・返済に遅滞がないこと。
・日本在住の20歳以上~60歳未満
などがある。


この記事を書き始めた時は、maneoに対して良い印象を持っていました。
が、調べていくうちに印象が180度変わってしまいました。

実際の貸し手も減少しているようです。
真偽はわかりませんが、意見交換している掲示板を読んでみると、延滞やデフォルトが多発しているみたいです。

私は怖くて、貸し手として参加することはできない。