タグ : 豆知識

アメリカのEB5制度!移民マネーをとり込め

アメリカには、投資のリターンとして永住権を取得できるEB5制度というものがある。

EB5制度(プログラム)とは

アメリカの移民法で定められている移民ビザの一つ。
外国人が100万ドル(約8200万円)、地域によって50万ドルを投資して一定の雇用成果を上げた場合、アメリカの永住権(グリーンカード)がもらえる制度。

EB5制度で永住権取得条件

  • 100万ドルを投資して2年以内に10名の米国人を雇用する。
  • 失業率が米国平均失業率の150%を超える地域に50万ドルを投資して、2年以内に10名の米国人を雇用する。
  • 米移民局が指定する地域センター(Regional Center)内の事業に100万ドルまたは50万ドルを投資して間接的な雇用を生み出す。

参加規程もカナダ永住権ほど厳しくない上、取得期間も最短1年以内という魅力も。
また、投資物件の運用は専門家に任せ、自身はアメリカのどこに居住してもOK。
(あるブルガリア人の投資家はわずか4ヶ月でグリーンカードが届いたそうです。)
この永住権では、年齢、英語力、学齢、経歴等は一切問われない。

投資対象はホテルの建設やリゾート地など様々。
たとえば、ロサンゼルスでは1億ドル(約82億円)で価格帯の異なるホテルを建設するための資金をEB5制度で投資家170人~200人の投資家を受け入れ予定している。

外国人のお金を取り込んで、アメリカの景気回復の手助けをする。
投資家は永住権と投資に対する配当を得ることができる。
もちろん損をする可能性はあるものの、永住権(グリーンカード)を手にすることができるメリットは大きい。
全財産の投資でなければ、安い買い物かもしれない。(私には無理ですが・・・)

EB5プログラムを利用する中国人投資家の数が増加している。
現在、EB5経由での永住権取得者の4割が中国人が占めている。(2009年度 約2000人)
中国マネーはどこにいっても目立っていますね。
ちなみに、2009年EB5制度で日本人は84人。
韓国人は903人。

EB5制度は時限立法で2012年12月に終了する予定。
恒久化を望む声もあり、2012年以降も継続される可能性もあるそう。


WBSでやっていたものにちょっとネットで調べたもののメモでした。
これは知らなかった。
EB5制度。
50万ドルなんてどこにもないけど、魅力的な制度ですね。

パンダって高過ぎる!?レンタル料と食費と・・・

東京都の上野動物園で飼育されるジャイアントパンダの「比力(ビーリー)」(雄)と「仙女(シィエンニュ)」(雌)が20日、中国四川省雅安市の臥竜パンダ保護研究センターで運搬用のおりに入れられ、専用のトラックで出発し、パトカーの先導で成都空港に向かった。
2頭は21日朝、同空港から航空機に積み込まれ、上海空港を経て成田空港へ。同日深夜に上野動物園に到着する予定。

パンダたちにかかる費用がかなり高い!

・檻の改修費が約9000万円
今回パンダを受け入れるために檻を改修した(床暖房など)
(もともと1973年に1億2千万円をかけて建設した獣舎)

・中国へのレンタル料が年間95万ドル 8300万円(2010年7月時点のレート)
※実際には、レンタル料ではなく「パンダの調査研究のための保護資金名目」
10年間の契約となっています。
このレンタル料は誰が負担するのかといえば、東京都です。

・パンダの食費は、年間約400万円。2頭で年間800万円
パンダの食費は1日当たり10850円/1頭。
上野動物園の動物食費ランキング1位。

さらに、
・自然死以外で死亡した場合、1頭当たり、4000万円支払う
ことになっている。

神戸の王子動物園
神戸の王子動物園では、パンダが来園した2000年の入場者数は、前年の98万5484人に対して、198万7590人に倍増。
パンダ・リンリンが死去した08年の上野動物園の入場者数は、前年に比べて2割近く(約60万人)減少し300万人を割り込み289万8191人。
09年は302万人8386人となっている。
北海道「旭山動物園」に約13万人差まで迫られている。
上野観光連盟の茅野事務総長は「入場者数を、400万人にまで増やしたい」と語る。

上野動物園の入園料

  個人 団体(20名以上) 年間パスポート
一般 600円 480円 2,400円
中学生 200円 160円  ── 
65歳以上 300円 240円 1,200円

パンダにここまでお金をかけて、回収できるのかな・・・
中国のレンタル料高すぎるでしょ~!

ってことで単純だけど計算してみた。

パンダのレンタル料8300万円を回収するには、13万8千人分の大人の入園料が必要。
中学生なら41万5千人分。
さらに食費に飼育員さんの人件費などなど。

入園者数が増えれば、園内で使うお金もあるし、仮に400万人達成できたとしたらちょこっとプラスになる。
パンダが来たからって、入園者数100万人増えるかどうかは疑問。

余計な心配をしてみました。

追記:2012年6月27日
上野動物園のパンダの妊娠が発覚して話題になっていますね。
オスが「リーリー」、メスが「シンシン」と改名もされましたね。
シンシンが産む予定の子供に対しても、返還するかレンタル料を支払う契約になっているようです。
そして、パンダはだいたい2頭産むので、レンタル料も2頭分発生する。